【日本の外国】外国人に囲まれたニセコ生活で感じる世界の文化

ニセコ
この記事は約5分で読めます。

皆さんこんにちは、nonです🌷

スキーリゾートで有名なニセコ。ご存じの方も多いと思いますが、外国人がとても多いです

コロナ禍で多くの外国人が自国に帰ったにもかかわらず、それでも多いなと感じるくらい。日本語よりも英語を使う機会が圧倒的に多いこの町で、かれこれ3ヶ月ほど生活し日本に自らやって来た外国人たちと話す中で感じたことを書いていこうと思います。

こんな方に是非読んで欲しい….

tabi子
tabi子
  • 海外に留学してみたいけど、コロナでなかなか行けない…
  • 英語を使う機会に飢えている…
  • 外国人と友だちになりたい!
  • ニセコでウィンタースポーツを楽しみたい!

ニセコで色んな国の子と会って、その国の話を聞いたり日本についての印象を聞いたりしていく中で、私の中での”海外”に対するイメージだけでなく”日本”についてのイメージも変わって来ているなと感じます。

いくつか例に出してお話ししていきたいと思います。

【ニセコ⛄】もはや海外….夏のニセコは最高だった。/ Japanese traveling woman's Vlog in Niseko in summer.

国内留学という選択肢

国内留学は可能か?と今聞かれたら、私はイエスと答えます。なぜなら今年1年で英語力伸びたなと自分で感じれるほど、彼らが何を話しているのか聞き取れたり、自分の伝えたいことが同じテンポで返せたり出来るようになってきました。

とはいえ、私は自分の英語にあまり自信がなく大勢の外国人がハイテンションで話し出すとビビってしまうことも多いです。でも日本にいる外国人は少なからず日本に興味があって来ているわけで、日本語を少し話せたり勉強したりしている子がとても多いので海外で外国人といきなり会話をするよりも圧倒的に話しやすいかなと思います。

また、日本人の英語のアクセントに慣れていたり話を振ってくれたりとまるで日本特有の”空気を読んで気を遣う”ことをしてくれることが多いなと感じます。

もちろんその優しさに甘えるだけでなく、ある程度は自分から飛び込まないと行けない部分はありますが、それでもいきなり海外へ飛び出してネイティブグループの会話に参加するよりもハードルは下がるかなと思います。

今の社会情勢だとコロナ前に留学やワーホリを検討していて延期している方や、泣く泣く帰国した方も多いのではと思います。そんな方の一つの選択肢として国内留学も不可能では無いかなとニセコ生活を通して感じています。

世間話と社会と歴史

外国の子との会話には常に政治や歴史の話題が入ってきます。

”今はこの国とこの国がリソースやお金を巡って対立している”だったり、”◯◯年に戦争があった影響で〜”など現在だけでなく過去の歴史や文化などに関する話題が日常的に出てくることが多いです。

日本でも歴史について勉強はしますが、日常会話や友達との世間話で政治や歴史の話をする方はそこまで多くないのではと思います。

彼らは私よりも日本の歴史に詳しかったり、好奇心が強く”◯◯年に日本はあの国と戦っていたけど、今の関係性はどうなの?”などという質問をされる度に、”ああ、もっと日本や世界の社会情勢や歴史ついて知らなくては”と感じます。

会う人会う人違う意見や、想像もしていないような回答が返ってくることも多いですが、どれが正解かを議論しているわけではなくお互いが自分の意見を話してリスペクトし合う、これが国を超えてコミュニケーションを取る一番大切な部分なんだなと学んでいます。

日本の好きなところ、好きではないところ

私の出会った外国人の9割以上が日本のことを良く言ってくれます。(日本人を目の前にして否定的なことは言いづらいと思いますが、、、)

そんな中でもちろん日本の文化にフラストレーションを感じる場面もあるようで、話を聞くとだいたい似たようなシチュエーションが多いです。

例えば、フェリーに自転車をのせて島巡りをしたい。おそらく会社のルールで、従業員は9時50分分迄に積荷を完了しなくてはいけない。フェリー乗り場に到着したのが9時51分。フェリー自体がガラガラで積み荷のスペースも十分にある。でも1分過ぎているのでもう自転車は乗せることが出来ないと言われる。

このようなシチュエーションで、良く言えばルールをしっかり守っていると捉えることが出来ますが、日本の文化に慣れていない人からするとフレキシブルじゃないな、、、と感じるみたいです。

確かに”〇〇しなければいけない””◯◯してはいけない”という否定的な捉え方は日本の文化にはあるのかなと感じます。ですが、一概にこれが悪いというわけではないのも確か。コロナ禍でマスクの着用率は世界トップレベルであるのも真面目で勤勉、規律正しいという日本の文化の影響だと思います。

とはいえ、多くの外国人が同じようなシチュエーションで愚痴っていたので、状況によってはもう少しフレキシブルでも良いのかなと個人的には思います。


以上、今回は簡単にですがニセコ生活で感じたことをお話しました。

ひとつの選択肢、考えとして捉えていただければ幸いです。

東京⇢新千歳空港へは片道約¥13000〜

飛行機はエクスペディアで一括検索して比較するのがおすすめです。ホテルや現地ツアーもまとめて検索できるので一人旅〜家族旅行まで簡単に計画できちゃいます!

公式サイトはこちら

エクスペディアで新千歳行きの航空券をチェックする

ニセコでおすすめホテルはペンション ウッディノート

都会の喧騒を忘れて木の温もり感じるペンションで癒やされませんか?
公式サイトはこちら

アゴダでペンション ウッディノートを見てみる

\現地ツアーはアソビューで決まり!/

ニセコへ来たら壮大な自然を味わえるアクティビティをしないと損ですよ〜!


夏のニセコの定番ラフティングがおすすめ!

公式サイトはこちら

アソビューでニセコのアクティビティを探す

Have a good day !!

コメント

タイトルとURLをコピーしました