大山隠岐国立公園に登ってみた

鳥取
この記事は約2分で読めます。

私自身の第1次登山ブームがやってきた4,5年前(第2次は未だ来ず)、日本百名山でもある鳥取県にある大山に登山をしに行きました。

様々な山を登ったのですが、やはりお気に入りは大山です!今回はその時の様子を紹介したいと思います。

大山隠岐国立公園とは?

大山(だいせん)は、日本鳥取県にある標高1,729mの成層火山であるが、活火山としては扱われていない[1]。鳥取県および中国地方の最高峰でもある。角盤山(かくばんざん)とも呼ばれるほか、鳥取県西部の旧国名伯耆国であったことから伯耆大山(ほうきだいせん)、あるいはその山容から郷土富士として伯耆富士出雲富士とも呼ばれる[2]日本百名山日本百景にも選定され、鳥取県のシンボルの一つとされている[3]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1_(%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%9C%8C)

大山夏山登山口

住所:〒689-3318 鳥取県西伯郡大山町大山 大山 環状 道路

HP:http://www.hotel-daisen.jp/tozan/

登山開始!

冬になるとこの辺りは雪一面になる

登山道は整備されていてとても登りやすいです。

子供連れの家族やトレイルランニングをしている方も
だいぶん登ってきました
頂上付近の道はこんな感じ

頂上につきました〜!ここまで約3,4時間です。

天気が良いとこんな景色が見れます!

麓近くの神社
日が暮れる前に下山し終えましょう

以上、簡単ではありますが大山の紹介でした。

麓には大山名物のソフトクリーム温泉もあるので、のんびり回ってみるのもお勧めです。

Have a good day !!

コメント

タイトルとURLをコピーしました