オーストラリアのお酒事情とお勧め紹介

オーストラリア
この記事は約4分で読めます。

オーストラリアといえばどんなお酒をイメージしますか?ワイン、ビール、ウイスキー?

正直私はあまりオーストラリアに対して美味しいお酒のイメージがありませんでした。ですが実際に住んでみて分かったお酒の文化やお勧めのものを発見したので、今回はそれを紹介したいと思います。

オーストラリアでのお酒の購入方法

お酒の購入の仕方は日本とは大きく違います。

日本ではスーパーマーケットやコンビニで買う人が多いかと思いますが、オーストラリアではリカーショップと呼ばれるお酒を売っている場所に行かなければ手に入りません。(ALDIでは買えます)

その際もほぼ毎回身分証明をしなければいけないほどしっかりしていて、特に外国人はチェックが厳しめなので買い物の際にはパスポートや運転免許証などは必須です。

更に公園や野外での飲酒の規制もあるので注意が必要です。

その割にはお酒を飲んだ後も基準量以下(血中アルコール濃度が0.05以下)なら運転が許されているので違和感があります。この量は大体1時間に缶ビール1本くらい。ですが人によって分解量や速度も違うので計算するのはかなり困難です。

更にオーストラリアのお酒は高いです。日本の2,3倍くらいの値段です。リカーショップで買ってもこのくらいの値段なので、レストラン等で注文すると更に値段が張ります…

ビール

オーストラリア人はビールが大好きな様です。仕事の合間にも飲んじゃったりするくらい。

沢山のオーストラリア産のビールがありますし、私が試したものは全部美味しかったです。ビールといえばドイツやベルギー!みたいなイメージがありますが、オーストラリアも悪くなと思うのでビール好きの方は是非試してみてほしいです。

メジャーなものとしてVBCarlton Draught あたりがお勧めです。またサワービールも個人的にはお勧め!

もちろん日本のASAHIビールはオーストラリア人を始め各国の友達にも人気でした。👏

韓国のお友達が誕生日にくれたASAHI. 日本語がうますぎる

ワイン

オーストラリアはワインの産地として有名な様です。私も働いていましたが、グレープファームワイナリーがオーストラリア中にあるので納得です。

赤、白、ロゼ、スパークリングワインととにかく沢山の国産ワインのがあり、価格も他のお酒に比べるとリーズナブルです。安いものだと$5以下でも買え、あまり日本と変わらないかなという印象です。

中でも私のお勧めは(MOSCATO)モスカート!甘めのワインで少し炭酸が入っているものが多いです。個人的にはロゼのモスカートのスパークリングワインが1番のお勧め。ワインが苦手な人もモスカートは挑戦しやすいかなと思います。

友達曰く赤ワインも美味しいみたいです。笑(私は赤ワインはあまり好きじゃないので…)

ウイスキー

個人的にウイスキーがあまり好きでないので、オーストラリアで有名なウイスキーがあるのか情報収拾できませんでした。笑

今までで出会った中で一番と言えるほど気に入ったウイスキーがあるので紹介します!それがこちらのDUBLINERというウイスキー。甘くてしっかりとした味です。おそらくウイスキーのピート臭が好きな方には物足りないと思いますが、ピート臭が苦手な方にはお勧めです。

⚠️オーストラリア産ではありません。笑

たっぷりの氷と一緒に飲むのがお勧め

また日本のウイスキーも有名な様です。海外の友達がブラックニッカ(700ml)を手に入れた様で値段を聞いたらなんと$60(4500円くらい)!日本で1000円くらいで買えるのに…と思いながらもそれはいえませんでした。

以上、オーストラリアのお酒事情とお勧め紹介でした。

皆さんもお気に入りのお酒を是非見つけてみてください🎶 ⚠️飲み過ぎ注意!


コメント

タイトルとURLをコピーしました