イルカの街バンバリーとミートファクトリーで人生初解雇された話

オーストラリア
この記事は約3分で読めます。

西オーストラリア、パースから南にバスで3時間程の位置にあるバンバリーという街!美しいビーチ野生のハンドウイルカがいることでも有名です。また、オーシャンドライブロードもあるので海沿いをドライブする事も出来ます。

今回はそんな魅力たっぷりの街とミートファクトリーでの仕事についてお話ししたいと思います。

バンバリーって?

バンバリー(Bunbury)は、オーストラリア西オーストラリア州の港湾都市。南西部地域に属し、州都パースから南に約175kmの距離にある。人口は約54000人[1]で、パース、マンジュラに次ぎ州第3位。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC_(%E8%A5%BF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%B7%9E)
行き方

バンバリーへはパースからSouth West Coach Lineというバスで行くことをお勧めします。このバスは他の都市へも繋がっているので、小旅行にもお勧め。1日に3~4本程出ていて、料金は片道$58 (2020.3 現在)です。👉時刻表

さあ、バンバリーへ出かけましょう!

バンバリーでは言葉を失うくらい美しいビーチに出会いました。そんなビーチまで

どん!

真っ白い砂浜
雲ひとつない空
透き通った海
観光客はほとんどいません
電柱でさえ絵になる…

旅を賢くお得に!こちらのサイトから割引チケットを購入できます。

ミートファクトリーで働く

ミートファクトリー、いわゆる精肉処理場です。ファームジョブと同じくビザ取得に繋がる仕事でもあります。ほとんどのファクトリーではQ Feverというワクチン接種が必須です。

聞いた話によると、あるファクトリーでは生きた動物を処理する段階から行うとのこと。私の職場では主に運ばれてきたお肉をカットしてパッキングするという作業でした。

仕事の中で重要だったのが、スピード発注数を正確にパッキングすることでした。私の働いていた期間はイースターホリデー(キリストの復活を祝福する期間)と重なり、連日10時間超え労働でした。ですが、正規のカジュアル雇用最低賃金$23.66(2019.7 から$24.36)だったので働けば働くほど稼げるという感じです。

この相棒と共に毎朝5時出発で6km先の職場へ

こちらはイースターホリデーの時のパーティーメニュー。さすがミートファクトリー!という感じ。

人生初のファイヤーを食らう

1ヶ月くらい経った頃、ボスが急に

ボス
ボス

明日からしばらく休みね!1週間後に連絡するから!

…もちろん1週間後連絡はありませんでした。笑

実は私が働いている期間に従業員の2人が長期ホリデーを取っていました。おそらく彼らの代わりにその期間、バックパッカーである私が雇われたのだと思います。

これは仕方がない…と諦めるのは悔しいですが、次の仕事を探すことに力を注ぐべきだと思ったので、このミートファクトリーとはさよならしました。ちゃんちゃん。

という感じで、バンバリーでは苦い思いもしましたが素敵なビーチに囲まれて楽しく過ごしていたので、結果オーライですw おそらく精神的に強くなった…でしょう。笑

Have a good day !!


コメント

タイトルとURLをコピーしました