【京都】今話題のコアワーキングスペース.andworkで1日仕事してみた【ドロップイン】

ノマド生活
この記事は約6分で読めます。

ITやAIの発達と共に私たちの仕事や生活も数年前と比べものすごいスピードで変化を遂げています。

新しいものに順応していく柔軟な思考クリエイティブさ、また新旧を融合させるアイディアも求められてくる時代。乗り遅れてしまうと追いつけなくなってしまうのではという怖ささえ感じさせます。

更にコロナ禍の影響もあり、テレワークやリモートワークが大幅に普及し、人々の生活や働き方が大きく変化しました。そんな中多くの方が働き方のみでなく働く場所や時間も自由度が増し、オフィスか家という選択肢だけではなく新たな選択肢として、サードプレイスと言われる施設が普及しつつあります。

以前に紹介した多拠点生活アドレスホッパーなどもある種のサードプレイスと呼ばれるもので、言い換えれば家やオフィスとは別の新たな(もう一つの自分の居心地の良い場所と行った表現がしっくりきます。

今回は私たちの生活の新たなサードプレイスとして多くのクリエイターやノマドワーカーが利用している京都の”.andwork”というコアワーキングスペースを実際に1日利用してみたので、詳しく紹介していきたいと思います。

.andworkとは?

.andworkとは全国に7箇所あるホテル一体型のコアワーキング スペースで、高速Wifiや電源はもちろん、ゆったりとくつろげるソファやおしゃれなBGM、ドリンクサービスなど作業に集中できる環境が揃っている施設です。

またホテルに併設されているということもあり、もちろん宿泊も可能です。

今回利用した京都の店舗は、THE Millennialsというホテルに併設されていて、その雰囲気はまさに近未来的です。

THE Millennialsのここがすごい!
  • lotを搭載した最新テクノロジー満載の近未来型カプセルホテル
  • コアワーキングスペースの利用可能
  • セルフコーヒー24時間無料ビール(ハッピーアワー)飲み放題
  • 全ての操作を貸し出されるipodで完結できる
  • キッチンスペースあり
  • アラームの代わりに自動でベッドが起き上がる
  • 個室の扉が80inchのスクリーンになる

✅詳しくはこちら

アクセス方法

住所:河原町三条下ル山崎町235中京区京都市 〒604-8032

時間:8:00-22:00

WEB:https://www.xandwork.com/kyoto

最寄駅:河原町駅/三条駅 いずれも徒歩5分

料金

利用方法は1時間〜1日(最大14時間)と用途によって選ぶことができます。

  • 600円(*900円)/ 1時間
  • 2000円(*2500円)/ 日

※テレワークポッド利用時

✅詳しい料金はこちら

施設&サービス

利用可能なもの
  • コアワーキング スペース(高速Wifi&コンセント有り)
  • ミニキッチン(電子レンジ・トースター有り)
  • 無料コーヒーマシーン
  • 生ビール無料(17:30-18:30/1日利用者&宿泊者&月額利用者)
  • 電話ブース
  • シャワーサービス
  • ナップサービス
  • 会議室利用(別途)
  • テレワークポッド(別途)

✅詳しくはこちら

テレワークポッドとは個室のワークスペースのこと。専用のオフィスデスクとチェア、ランプ、衣類ハンガーに加え、コンセント(USB可)もついたスペースです。

テレワークやZoom会議、静かなスペースで作業に集中したい方にもおすすめです。

店舗

店舗一覧
  • 渋谷
  • 麻布十番
  • 神奈川
  • 京都
  • 大阪
  • 福岡
  • 沖縄

.andworkの店舗情報

実際の施設の様子

ワークスペース

部屋全体はこんな感じ
デスク周り
作業中の様子(デ○ノートのL的な作業集中モード)

作業スペースは宿泊エリアに併設されていて、作業するのにちょうどいい空間と、十分な広さのL字型デスク、快適なワークチェアがあります。

充電もコンセント、USB共に可能で全てが手の届く場所にあるという快適空間です。特にワークチェアは長時間座っていても全然疲れないので仕事に没頭できます。

蓋のある飲み物や臭いのきつくないものなら飲食可能です。

そのほかの設備としては、コンパクトな全身鏡、ハンガー(帽子掛)、金庫、ティッシュ、消毒スプレー、デスクライト、換気扇があります。

宿泊エリア

ベッド
シャワールーム
シャワールーム2

今回はドロップインのみで宿泊はしていませんが、テレワークスペースが宿泊エリアにあったので拝見することができました。

セミダブルのしっかりとしたベッドの下にはスライド式の大きなキャリーバッグも開いたまま収納できるスペースがあり、コンセントや全身鏡、棚などもあり快適に過ごすことができそうです。(部屋の扉の内側はプロジェクターになっているようです!)

シャワールームやトイレもとても綺麗で数も多かったので混雑も避けることができそうです。

部屋の仕切りは完全な扉ではないですが、防音効果があるようで宿泊エリアはとても静かでした。寝る場所と作業をする場所は分けたいという方にもぴったりな空間の作りでとても洗練されている印象を受けました!

共有スペース

ワークスペース1&キッチン
ワークスペース2
コーホーマシーンは24時間無料。めちゃくちゃ美味しいのでおすすめ!

一言で言うとおしゃれ。w

作業をしている方、勉強している方、食事をしている方など各々自由に過ごしています。

レセプション兼でもあり8階にあるので眺めは最高です。ワークスペースには電話&ミーティングブースもあるので、音声が出る際にはそちらを利用可能です。

コーヒーマシーンは24時間無料で挽きたての美味しいコーヒーカプチーノなのどがいただけ(かなり美味しいです!)、キッチンには家電も豊富に揃っています。

オープンキッチンなので他のワーカーとのコミュニケーションの場にもなりそうです。

17:30〜18:30は生ビールが無料で飲み放題!自分でビールサーバーから注ぐことができるのでお好みの調整ができます♡

周辺施設

三条駅から徒歩5分程度ということもあり、周辺はお店もたくさんあります。

飲食店はもちろん、カフェや業務スーパー、ドラッグストアまでなんでもあります。さらにはUNIQLO&GU&LOFTの入った複合施設がすぐ隣にあるので、お仕事の合間の気晴らしにショッピングも楽しめちゃいます♬

バス通りでもあるのでここを起点に観光地へのアクセスも容易にできます。(市内路線バス一律230円/2021.3現在)

今なら半額でテレワークポッド利用できます!

.andwork京都では3月20日までの間、テレワーク促進キャンペーンとして通常2500円/日の利用料が、なんと半額の1250円!!

1日個室で作業でき、尚且つシェアキッチンの利用や無料コーヒー、ハッピーアワービールも付いてくるお得なキャンペーンですので、この機会に是非活用してみてください。

.andwork京都

【Vlog日常☔️】ノマド女子の映えない休日 | ADDress多拠点生活/Japanese woman's day off | cooking | studying | editing

=============================

ということで、今回はコアワーキング スペース.andworkを紹介しました!

近未来的な雰囲気で無駄のない空間、集中できる設備で正直かなり作業が捗ります!リモートワークで少しお疲れの方や、家とオフィス以外の第3の自分だけの空間が欲しい方、作業や勉強・読書などに集中したい方など多くの方におすすめできる施設です!

この機会にぜひ活用してみてください♬

Have a goo day !!


コメント

タイトルとURLをコピーしました