【ワーホリ向け】日本でやっておいた方が良いこと5選

オーストラリア
この記事は約3分で読めます。

今回はワーキングホリデーに行く前に日本で済ませておいた方が良いことをまとめていきたいと思います。

こんな人に読んでほしい…

tabi子
tabi子
  • ワーホリに行くけど何から始めたらいいか分からない…
  • 役所手続きに行くのは腰が重い…
  • 安く航空券やホテルの予約をしたい!

航空券購入

航空券は予定がたち次第早めに購入することをお勧めします。(直近だと高い)

私が航空券を購入する際に使ったのがスカイスキャナーというサイト。主にLCCを取り扱っています。このサイトからジェットスターの航空券を購入しました。

またこのサイトの良いところは、行き先を指定せずに検索をかけれるところです。旅行先をどこにしようか悩んでいる人に良い方法かなと思います。

LCCは食事や受託荷物が有料の場合が多いので、Webサイト等で確認することをお勧めします。👉ジェットスターHP

宿泊先手配

宿泊先に関してはどのくらいのクオリティーを求めるかで、探す手段は変わると思います。

私の場合はバックパッカーホステルを多く利用していたのですが、その際に使っていたのがBooking.comというサイト。そのほかにはHostelworldAirbnbもお勧めです。

ローカルサイトではGumtreeFlatmatesも有名です。個人的にはキャラバンパークがお勧め!

部屋を借りようと思っている方は必ず内見(インスペクション)に行くこと!写真でみる情報と全く違うことが多いです。

役所手続き

長期で海外へ行く際に避けては通れないのがこれ。早めに済ませておきましょう。

海外転出届

1年を超える海外滞在の場合、海外転出届の提出をしなければいけません。(出発の14日以内から手続き可能)

これによって…

住民税

1月1日時点での住民票の有無によって今年度の住民税の支払額が決まります。なのでできれば年内に出国した方良いと思います。

国民健康保険

海外転出届を提出すると自動的に脱退となります。

国民年金

渡航中は支払いを続けることも出来ますし、免除を受けることも出来ます。

マイナンバー

海外転出届提出後マイナンバーは失効しますが、個人番号カードは返却されるので大切に保管しましょう。

不動産収入がある方や、毎年個人で確定申告をしている方は納税管理人の選任もお忘れなく!

また自治体によってルールが異なるので、お住いの市町村に確認してみてください。

👉参考サイト

国際運転免許証

海外で運転する予定のある方は必須です。お住いの地域の運転免許センター警察署で取得可能です。料金は自治体によって異なりますが3000円以内のところがほとんどです。

国際運転免許証の有効期間は1年です!更新することが出来ないので、再度取得しなければなりません。

歯科治療

海外旅行保険や現地の保険会社のプランには歯科治療が入っていないことが多いです。

きちんと治療してから出発することをお勧めします。

以上、ワーホリ前に日本でやっておくべきこと5選でした。皆さんのワーホリのお役に立てると嬉しいです🎶

Have a nice day !!


コメント

タイトルとURLをコピーしました